神戸をご存知ですか?

神戸をご存知ですか?異国情緒あふれる異人館にモスク、かわいい雑貨においしいパンやチョコレート・・・。観光地である神戸のなかでも屈指の人気スポット・北野。その北野で、「一度は泊まってみたい」と女子たちの憧れを集め続けているのが神戸北野ホテルです。童話に出てきそうなレンガ造りの外観、高級クリスタル「ラリック」の飾られているフロント、レトロで上品な客室にクラランスのアメニティ。チェックインするだけでフワフワと気持ちが浮き立ってくるようなホテルです。レストランの人気も高いオーベルジュなので、できることならディナーもいただいてホテルのすべてを味わい尽くしたいところですが、子連れの場合や夕食が決まっている場合は1泊朝食付きがオススメ。神戸はおいしいもので溢れているので、ホテル近くで外食しても、デリやパン屋さんでいろいろ買い込んでお部屋で食べても、どちらも充分に満足できるはずです。神戸に行くのも楽しいですが、オンラインカジノでゲームをプレイしてみませんか?ベラジョンもかわいいです。

kobe

朝食タイムの中盤、温かいパンが追加で運ばれてきます。こんがり焼けたトースト、ホテルの朝はこれがなくては始まりません。パンの木箱にはフィナンシェまで入っているので、朝食をいただきながらも、食後のコーヒータイムが待ちきれなくなってきます。コンフィチュールやバターの種類によってはシンプルなトーストのほうが相性が良いので、前半で無理して全部試さず、後半に温存しておきましょう。また、最初に上質なロースハムが出てくるのですが、こちらもすぐに食べきってしまわず、トーストに乗せてオープンサンド風にいただくのもいいですね。この量のパンを全部食べるのは大変ですが、お願いすれば持ち帰らせていただけます。温かいパンはすぐに食べるほうがおいしいので、前半でパンを食べ過ぎないのが世界一の朝食をより満喫するためのコツと言えるでしょう。

かわいいお部屋での一晩を満喫したら、いよいよお待ちかねの朝食タイム。1階のダイニングに降りるとすでにテーブルセッティングは完了していて、「世界一の朝食」をイラスト付きで解説したパンフレットが置かれています。「世界一の朝食」と呼ばれている所以やメニュー構成のこだわりなどを読むと、これから始まる朝食への期待がさらに高まっていきます。
待つことしばし。そこに運ばれてくるのが「飲むサラダ」こと、カラフルな5種類のジュース!パッション&レモン、にんじん&みかん、いちご&トマト、青りんご&セロリなどブレンドの組合せやバランスも絶妙です。ビタミンCが身体のすみずみまで行き渡り、身体が目覚めていくのがわかります。オンラインカジノでゲームをプレイしましょう!

次に運ばれてくるのがパン、コンフィチュール、バター。コンフィチュールはおみやげとしても大人気のミルクコンフィチュールを始め5種類、バターもハーブ入りやトマト風味など3種類。さらに兵庫県産のはちみつもあり、パンがいくらあっても足りない!という、嬉しい悲鳴が出ます。どの味から試そうかと迷っているうちに、他のメニューも次々運ばれてきます。ヨーグルトにプルーン、フルーツなど、間違いなく美容に良さそうなラインナップです。そのなかでもハッとするほどおいしいのが、ほどよい甘さのタピオカ・オーレ。お料理好きな人なら、どうやって再現しようかとつい頭を働かせてしまうはず。フレーバーは日替わりで、こちらはココナッツ風味です。